今の自分をそれなりに満足させてくれる、”人生を変えた”マンガ

カイジ。ニートのバイブルと言っても過言ではないマンガなのではないでしょうか。私は現在30代後半、就職もしています。ですが20代前半の頃は怠惰な生活を送っており、役者になる夢も持ってはいましたが積極的に何か行動するわけでもなく、だらだらと劇団に行き、バイトをしながら生活していました。そしてバイト先で嫌なことがあればすぐに辞め、親からの仕送りを頼るという体たらく。典型的な根性無しでした。
カイジに出会ったのもバイトを辞め、だらだらとニート生活をしていた頃、昼過ぎに起きた私はマンガ喫茶に行き、深夜までマンガを読み漁っていたのですが、一際下手な絵が目に入ったので気になってパラパラと読み始めました。今まで読んだマンガの主人公のほとんどは、情熱、活発、正義、精悍、そういった魅力にありふれていたのですが、このカイジの主人公である伊藤開司は、怠惰、自堕落、根性無し、そういう主人公でした。自分の姿を見ているような気がして、そんなカイジの人生を見てみたいという興味から見るようになったのですが、この主人公はそれだけではありませんでした。
この主人公は土壇場になると異彩を放ち、これまでの自堕落なカイジからは想像できないような度胸と策略と博才を発揮します。そして最後には勝利をもぎ取るのですが、何度も何度も失敗し、辛酸を舐めた結果、勝利をつかみ取るというストーリーを見ていると、自分と重ね合わせて自分もこうやって失敗して努力していけば成功するのではないかと、そのマンガを見てからというもの、バイタリティが芽生えました。
それだけではなく、カイジと言えば名言、様々な名言が生まれています。

「金は命より重い」
「今日を頑張り始めた者にのみ、明日が来る」
「負けを受け入れることが敗者の誇り」

こういった名言は今までの夢から現実へと戻される為の最高の言葉でもありました。
叶わない夢を見るのではなく、夢を叶える為に行う努力の大切さ、そしてそこに向かう為のモチベーションを私に与えてくれました。
このマンガに出会うことがなければきっと私は今でも叶わない夢を見続け、ただなんとなくバイトをし続け、いつか誰かが自分をスカウトしてくれるなどと現実逃避していたかもしれません。
自分の人生を変えてくれた、この史上最もクズで、最高の主人公に大きな感謝をしています。わたしのきまり

今の自分をそれなりに満足させてくれる、”人生を変えた”マンガ

食べ物を捨てるたびに思い出す22XX

映画化された「秘密 ―トップ・シークレット―」の原作者、清水玲子さんの作品です。
22XXは清水先生のジャック&エレナシリーズのジャックが出てきます。
賞金を稼ぐため、誘拐された王女を救出しようと地球外の惑星を訪れたヒューマノイドのジャックは、人肉を食べる人種の女性と交流することになります。食料がなくなったジャックに、彼がヒューマノイドと知らずに彼女が自分の腕を切り落として渡します。彼女は自分が死ぬとわかっていたので、ジャックの体の一部になって命をつなぐ役目をしようと考えたのです。彼女たちにとって食事はとても神聖なことでした。ジャックはヒューマノイドなのに空腹を感じる機能だけはあって、必要でもない食べ物を食べることに苦痛を感じながら食事をします。そして物語の最後で、ジャックは空腹を感じる機能を無くします。また、救出された王女は飽食の時代を生きる日本人と同じで、平気で食べ物を残して捨てます。
この漫画を読んで、食べるということを深く考えるようになりました。何かを食べるということは、その食べ物のもとになった生き物の命をもらっていることになります。生き物の命をもらって生きてきた自分が、日本の法に則って火葬になるのはとてももったいないことではないかと考えるようにもなりました。それは自分ではどうしようもないことですが、食べ物を捨てないことはできます。特に買い置きしておいた肉が腐ってしまって捨てるようなことはしないように気を付けています。とはいえ、食べ物に感謝しながら食事をしなければと思いながらも、ついついながら食いをしてしますが…。短い作品ですが、世界中の、食べ物を大量に捨てている国の人に読んでもらいたい作品です。アイキララの口コミが知りたい。

食べ物を捨てるたびに思い出す22XX

最近にアニメ化された漫画

私が影響された漫画は「3月のライオン」という漫画です。内容としては、主人公であり高校生プロ棋士である零の生活を描いたものです。将棋漫画というよりは、人との関わりなどが多く描かれているものとなっています。1人暮らしをしていたのですが、川本家の家族と深いつながりを持つようになります。零だけでなく、その家族や他の人々がそれぞれ何を思っているか、将棋に対してどう向きあっているかなどの心情も描かれています。この中で、いじめに向き合うシーンがあるのですが、それはわたし自身にも身近なものでありとても考えさせられる場面でした。やはり、恋に関する場面もでてきます。主人公がいきなり、付き合ってもいないのに川本家の次女であるひなのちゃんに結婚を考えていると発言したときには驚きました。しかし、ひなのちゃんは冗談だと思っているところがまたおもしろいところでもあります。この漫画は、確かに将棋の話も多く出てきますが、やはり人のつながりや心情を中心に描いていると思います。あと一回負けたら引退するかもしれない相手、子供へのプレゼントをもった相手、負けたら降級してしまう相手、実の父との対局など様々な場面での相手と主人公の心情がとてもおもしろいです。バトル系などの少年漫画以外でここまで真剣になれる漫画は初めてでした。女性ホルモンおすすめサプリとは?

最近にアニメ化された漫画

いまイラッとした娘の仲の良い友達にまつわるエピソードを切実に報告

の場合学になった赤ん坊が新しい気の知れた友人と一緒にモールへ出掛けたりと遊びに行くことが増えました。
あんな際に、新しくできた赤ん坊の気の知れた友人にイラッとすることがあります。
気の知れた友人まで規定はしたくはありませんがあまりに理不尽というかし取り付けがなされていないというか、今まで分かる気の知れた友人ならしなかったような仕方がイラッとするのです。

先に断りを入れますが、別に恩着せがましく送迎をやるわけではありません。「こんにちは!ありがとう!」と最低限の一礼がにこにこと見込める子なら何も思わないのです。それが初めて送り迎えしてあげたシーン、聞こえたか聞こえないくらいの所見で自動車に乗り込んできたかと思うと、すぐに大声で気の知れた友人と話し描き出す。しかもやり方には飲料と始めるめだ。人間の家屋の自動車に乗せて貰うのに食べながらなんて振る舞い、もし赤ん坊がしていたら許せません。しかも言われていた間よりも10分以上遅れて来たのに、だらだら歩き回りながらやってきました。勿論、ごめんなさいとか詫びも無く。
他にも、住まいに来た時も制服のままでやってきて、口にはアイスをくわえながら入ってきたんです。所詮の場合学徒にきちんとした作法を求めているわけではなくて、最小の場合学徒なりの感じの望ましい仕打ちがあると思います。
それからは、遊ばないで!と言いたいのをぐっと持ちこたえながらも、当たり前のない子は自動車に乗せたくないからと私なりに赤ん坊には伝えていらっしゃる。

赤ん坊がそういった仕方をほか人間の父母にしていたらきっと俺なら家屋に入れてないです。
そして送り迎えは決まって住まい。そちらのおかあさんが送ってくれたことは無だ。フルタイムで責任あるお商いされているのは仕方ないですが、それで子を延期だとどうなんでしょうね。

いまイラッとした娘の仲の良い友達にまつわるエピソードを切実に報告